森の散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS アースについて

<<   作成日時 : 2012/02/13 17:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

7年ほど使っていた洗濯機が壊れたので買い換えた。もちろんうちのコンセントにはアース線など付いていないので、前の洗濯機のアースは水道の蛇口に縛り付けて、テープでぐるぐる巻きにしてあったので、今度もそうしようというと、「それではあまり効果がないので、釘などにアース線をまきつけて地面に埋めてください」などという。説明書を見ると、「アース棒にアース線を結び付けて、設置は電気工事士に依頼してください」などとある。それで「釘」といったわけか。正式にアース棒画像を取り付けるとすると、長さ30cmのものでも1000円位するらしい。100V程度の電化製品にこのような仰々しいものを設置する人というのはどういう性格なのだろうか。結局、面倒なので、結局水道の蛇口につけた。うちの水道は鉛管なので、アースはきちんとできる。新しい家は、塩化ビニールの配水管を使っているので、効果がないといっただけだろう。

しかし、水道管でアースできないということになると、新しく建てた家などでは静電気の除去がうまく出来ないではないかと思う。ひょっとして家に帯電した電気の逃げ道はガス管程度しかないということにもなり、これは落雷の際などには非常に危険かもしれない。コンセントの一方の電線は必ず接地してあるというが、電気製品はすべて壊れるような話だから、たぶん電気の多くは逃げてゆかないのだろう。電気製品が壊れるおかげで、ガス爆発を防いでいるようなものだ。家屋に飛来した場合、走行中の自動車に飛来した場合と同様にアーク音のみしか耳に入らないため、火災が起こるまで気が付かない可能性が高いので、激しい稲光の際は十分注意しておいたほうが良い。10年ほど前の国会議事堂への落雷を見ても分かるように、避雷針の安全圏内とされる場所にも、わずかな確率で落雷する場合があるようだから、落雷を100%防止する方法はない。

逆に、導電性の菅やアースを通して屋内に雷放電が侵入することも多い。家の近くの地面に飛来した雷放電のためテレビやパソコンがやられるのは多くこのアースからの逆流であって、この場合はアースがむしろ災害を呼び込むものとなってしまっている。落雷地点から数十メートルも離れていれば、雷鳴が響くようになる。こちらのほうは音でそれと気づく場合が多いが、電話線のアースからの雷電流の進入による事故が圧倒的に多い。しかし、時にガス管から家屋内に迷走電流が走って火災になることもあるという。

「静電気と雷」という昨年の今時分に書いたものがあるが、そういえば今年はまだ静電気を一度も感じていない。寒くて乾燥しているので、今年のほうがひどいように思うのだが、これからだろうか?



アース革命 快適に暮らすための家庭の電気のはなし 家の中の電気を地中に逃がして、電磁波の影響のない家。 (単行本・ムック) / 土田直樹/著
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。


楽天市場 by アース革命 快適に暮らすための家庭の電気のはなし 家の中の電気を地中に逃がして、電磁波の影響のない家。 (単行本・ムック) / 土田直樹/著 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



電磁波対策というのはあるかもしれないが、一方で雷によるプラズマ波の進入口になるという問題もあるかと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン 店舗
アースについて 森の散歩/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン 店舗
2013/07/03 16:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アースについて 森の散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる