森の散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 100円ショップのベルト

<<   作成日時 : 2013/02/24 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日ダイソーへ行ったとき、ズボンの上にはく防寒用のズボンに合うような長めのベルトがあったので買ってきたが、布でできているので最低5〜6年間は持ちそうだ。長さが110センチもあるが、留め具のところに四角いわっかのような金属が2つ付いているだけだ。「Wリングベルト」などと書かれている。どうせ家に帰ればわかるだろうと思って買ってきた。最近のベルトはなぜか短いのばかりで、90センチくらいしかないのがほとんどだ。この長さでは普段はくズボンでもややもすると足りなくなってくる場合がある。



それで家に帰ってさっそく留めてみると、どうやら緩めに結ぶやり方と、きつめに結ぶやり方の2通りができるようだ。ほかにもあるかもしれない。緩めに結ぶ場合は、腹に力を入れて膨らませるだけで緩んでくるので、パーティなどで腹が膨れてきた場合に、人に知られずベルトを緩めることができて大変便利なものだ。

しかし、1メートル10センチも長さがあるというのに、実際防寒ズボンにまいてみると、この長さでもあまり余裕がない。これでは身長が190センチもある人はベルト探しも大変だ。つくりが簡単で、丈夫な輪っかが2つとやや幅の広いベルトがあれば自作できそうなので、多分太めの人はそうしているのだろう。


ベルトを買ったついでに、15センチの長さのやすりも購入して、これでメガネのフレームのでっぱりも削ることができた。100円の品物だから、ひょっとしてフレームの金属のほうが硬くて削れないのではないかと思ったが、ちゃんと削れた。ドライバーなどは、先端の材質がねじと同じくらいの強度しかなさそうだから、強引に使っても、家庭用品に傷がつかないで返って便利なのであるが。よくドライバーを力任せに締め付けると、ねじの頭がばかになってうんともすんともいかずに困る場合があるが、こうした場合に、100円のものならちゃんとドライバーが破損するようにできている。





↑1995円とはまた驚きの値段だ。紐がよいのかもしれない。実用的な目的なら、変わらないようにも思うが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
100円ショップのベルト 森の散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる