森の散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS モデムの電源はこまめに切ったほうがいいのか?

<<   作成日時 : 2015/03/26 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

過日のクッキーの件だが、単にウインドウズ備え付けの設定で、「ブラウザを閉じたら履歴を削除」だかにしただけで、いわゆる「脅威」というのが消えた。クッキーの類を完全にブロックすることも、もともとウイルスソフトなど使わなくてもできたらしい。結局カスペルスキーの考え方のほうが無駄がなさそうだ。しかし、クッキーを脅威とみなすことをやめにすると、脅威なるものの出現するのは年に数回ということにもなり、ソフト自体が売れなくなる原因にもなりかねない。私が長年使っていたウイルスバスターで、ウェブ閲覧中に脅威なるものが出てきたのは、今年に入ってからはまだ一回もない。昨年は5月頃に1回あっただけ、一昨年3回あったのがここ10年ではマックスだったと思う。その位の頻度だとつい油断してしまうというのが狙いどころというものなのかもしれない。スパムメールの類となると、数年前に半年ほどの間会ったきりで、その後は一切ない(この時の犯人は楽天が顧客のメールアドレスを他社に売却したことが原因だと分かって、メルアドを変更したらもう来なくなった)。多分よほど変なサイトを見ない限り、普通の使い方をしている限り、ウイルス類に出くわすことなどめったにないのだろう。

さて、モデムの話になるが、プロバイダーなど業者に直接相談すると、「一年中つけっぱなしが普通」というような返事が返ってくるらしいが、電源タップスイッチを使ってこまめに電源のオンオフを繰り返したという人の話では、月に500円近く電気代が浮いたという。モデムが10Wとすると月300円、これにルータの消費電力も加えるとかなりの額になる。私も前のモデムでは、インターネットに接続するたびにモデムとルータ双方の電源を同時に入れたり切ったりしていた。それを日に10回以上(多分30回くらい)行っていたが、別段そのことで何か問題が起こったようなこともなく、レンタルのモデムも8年近く故障することもなく使えた。それも最初のうちはダイヤル接続の時の癖で、ウェブを開くたびにモデムの電源を切っていたから、多分1か月ほどは一日100〜200回はオンオフを繰り返していたと思う。2年ほど前に上位機種に切り替えたが、掘っておけば今も使えたかもしれない。頻繁にオンオフを繰り返しても、寿命には問題なさそうだ。その時にも書いたと思うが、平均してモデムの寿命というものは5年くらいらしいが、10年以上も使えるものも少なくはないという。

モデムの買取りをしきりに勧めるような業者だと、案外早く壊れるのではなかろうか。反対に、基本買取は行わないという業者のモデムであれば、それなりに寿命も長いことが予想される。

しかし、いつ現在利用中のモデムやプロバイダーにトラブルがあるかわからないので、その時のためにバックアップ用の基本料金無料のプロバイダーを持っておこうと考えた。探してみると、大手では「ぷららライト」というのが該当する。ダイヤルアップ接続なので、通信速度はかなり遅いし、通信料が一分間で9円近くもする。ビッグローブのベーシックコースだと、基本料金200円@月かかるが、一時間を超えた分に5円@分かかるだけだ。まあ、どうせ使わないと思うので、ぷららでよいと思うが、どのくらい体感的に遅く感じるようになったか、一度やってみよう。いったん便利なものを使い慣れてしまうと、かつてはそれほど苦痛に思わなかったものでも、それなしではもはや耐えられないというようなことは、クーラーの最近の使用頻度を見てもわかる。外気温28度くらいで室内冷房を使用するなど、昔は考えられもしなかった。クーラーの場合は一週間もすると嗜好性が身についてしまい、脱却するのが難しくなってくる。しかし、クーラーの使い過ぎが熱中小の死亡者を増加させているかといえば、どうもそのようなこともなさそうで、もしそうであるならば、クーラー普及率が現在のように増えた10年前にはすでに死者数はかなり多かったはずなのに、実際はそうでもない。とすると、一般的には否定される傾向にあるのだろうが、根性論というのもあながち度外視できそうにない。プラセボ効果というものがある。熱中症の過半数は根性が育っていないからではないか。そもそも熱中症の原因は体温上昇にある。こまめに水分をとっても、根性が弱っていてはどうにもならない。脱水はただ根性を低下させる作用があるだけであって、そうすると元来の根性力が高ければ多少は問題ない筈である。同じような思考性の深さがネット閲覧速度にもある。携帯電話の依存性は高く、携帯やスマホのモニターに見とれているうちに交通事故死するというのでは、クーラーと熱中症の関係とほぼ等価だといえる。

携帯で思い出したのだが、1年半ほど前に携帯で写真を撮られて、断りもなしにその写真をフェイスブックに載せられたことがあった。40くらいならば、若気の至りということがあるかもしれないが、還暦近くにもなってそういう破廉恥な行為をなすものがいるというのに驚いた。帰途につきながら、彼とはこれきり交際を絶たなければ危険だと感じていた次第だ。昨日、小学生でネットに写真を無断で掲載することの罪悪性に気づかないものが半数近くいるということをテレビで放映していたのを見て、成人になっても知恵のないものは平然と法を犯すものだということを痛感した。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モデムの電源はこまめに切ったほうがいいのか? 森の散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる