方式が変わった

ウィンドウズ10バージョン20H2の更新がまたあったが、「インストールの待機中」とやらから席を外して30分以上たっても画面が何も変わっていない。よく見ると「インストールしてもいいですか」なんていう箱ボタンがある。そこをクリックしてみるとすぐインストールが始まって、間もなくいつもの再起動の要請があった。クリックが2回になったみたいだ。今回だけだろうか。

インストール中、森さんが前に「日本は神の国」といったことが問題発言として、先日の女性蔑視発言と同列に扱われていることを思った。「神の国」の時は、「個人としてそういうことを思われているのはそれはそれで問題はないのだが、国会の場では政教分離の概念に抵触する」と野党の譴責議員も話していたと思う。だからほとんど問題ないのに、今では悪い物思いのようにとらえられている。どのような人が日常の場で神を厭うのか考えてみると、きっとこれはカラスにえさを与えるような人たちなのだろうと思い至った。建国記念日に日の丸を掲げたら、悪徳人物として糾弾されるような一般社会にしみわたっている通年とは異なる概念が法律となるような愚かしい真似がここから生じるのだ。
私たちの美しい日の丸・君が代改訂版 子供たちに伝える国旗・国歌物語 [ 高橋史朗 ] - 楽天ブックス
私たちの美しい日の丸・君が代改訂版 子供たちに伝える国旗・国歌物語 [ 高橋史朗 ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント