梅毒なんていうのも免疫の低下らしい

最近の若い人が特にだらしないというわけでもないようだ↓
https://www.youtube.com/watch?v=5gAVMpDcVPo

帯状疱疹の増加も同じく免疫の低下で起こることははっきりしている。

最近風邪が多いというのも本当らしい。おととしはマスクのせいか風邪はほとんどなかった。
https://www.youtube.com/watch?v=UzjUjXnNGus
しかし今年は多いらしい。消毒のし過ぎで、あちこちから菌やウイルスが侵入しやすくなっていることも原因かと思う。

しかし、梅毒菌って、「そんなに強くない菌」といえるのだろうか。昔、子供のころ、606号サルバルサンの開発映画を見たが、なんか破傷風菌と同じくらい恐ろしいばい菌というようなことをやっていたという記憶がある。エールリヒがスープを髭にこぼしてテーブルクロスになんか書きものをしている場面があったとおもうが、そんなにどこそこに偏在しているばい菌とも思えないので脚色もあっただろう。


でも梅毒の増加は2010年代から始まっていて、ワクチンが原因かどうかははっきりしない。しかし井上先生も、免疫力低下と梅毒の流行を関連付けていた。紹介記事の写真を見ると、サル痘によく似ている。基本的に、あっちの方の病気だという点で共通関係があるのかもわからない。

しかし、2010年くらいからというと、変な病気にかからないようにというので、日本でも性教育が盛んにおこなわれ始めたころではないかという気がする。総じて逆へ逆へとやっている感じだな。


梅毒の歴史 [ クロ-ド・ケテル ] - 楽天ブックス
梅毒の歴史 [ クロ-ド・ケテル ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント