テーマ:雑記

犬の先祖

考古学的な調査からは、人が犬の家畜化を始めたのは2万年前ということになっているそうだ。犬の起源は狼だということになっているが、ずっとのちに豚を飼いならした時でさえ、最初に豚の祖先であるイノシシを飼いならそうとして何人もの農民がその凶暴さの犠牲になったという。狼の凶暴さはけだし猪よりはるかに大きいのであるから、狼をそのまま飼いならしたとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資家について

投資家といえば長いことジェイコム男しか知らなかったが、ほかにも色々いるらしい。中でも有名なのがCIS(しっす)という人物だ。法政大工学部4年の2000年から株式投資を始めたという。1973年3月の生まれで、1978年3月うまれのジェイコム男よりも5歳年上だが、当時ジェイコム男のほうは日本大学法学部の3年生だった。27歳で大学4年は何かの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

減らない靴

若いころは同じ靴を履いても、靴底の減りに悩むことなどあまりなかった。毎日10キロ近く歩いていても、半年以上はどのスニーカーを履いてもすり減るようなことはなかった。それが最近は毎日たった2,3キロほどしか歩いていないのに、ひどくゴム底がすり減る。ホームセンターで売っている1000円の靴なおわずか3週間でお釈迦になる。高い靴なら減らないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化の証拠

温暖化といっても、夏は5度上がって、冬は4度下がるといった風だから、冬の間はいつもより寒冷化している。それを根拠にして、「温暖化しているなら冬場も暖かくなる筈で、寒くなるというのはおかしい」などと、温暖化はウソであるなどとしている人がいる。 実際のところ、寒暖の差が激しすぎて、気象予報士の誰一人として温暖化を積極的に主張している人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カステラが今でも売れる理由

カステラなんかぶどうパンの10倍ぐらいまずいのに、いまだに贈答品の代表みたいなところがあるのはなんでだろうと思う。ぐちゃぐちゃして噛み心地も悪いのに何故あんなもので利益が取れるのだろうか。味覚は人それぞれだから、うまいと感じる人もいるだろうが、ちっっとも旨くない。その辺で売っている八十円の食パンの方が2倍うまい。後味の悪さではワースト十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過度な消毒は有害

消費者庁の二千人を対象にしたアンケート調査によると、トイレ後に手を全く洗わない人は5%もいるそうだ。小便後のみ手を洗わない人が7%、大便後のみ手を洗わない人が3%だそうである。大便後のみというのはなんだかよくわからない。ウォシュレットで乾燥しても、汚れが完全に落ちるとはいえそうにない。やはり拭くだろう。 全く手を洗わない5%の連中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多数派の根拠は「皆がやっているから」ということだけ

そうしたおそらく99%以上間違っているであろうあやふやな主張を何故に社会は取り入れるのだろうか。 ちょっと考えると、人間に思考があって「皆がやっているので」という思いによって多数派のクラスターが拡大するというふうに思いがちだと思うが、実は無機質なものであってもやはり多数派が優勢になるらしい。昔大杉栄は「はじめに行為ありき」などとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力発電所は温暖化ガスは出さない。

祝島のたたかい 上関原発反対運動史 [ 山戸貞夫 ] - 楽天ブックス よく「原子力発電所建設のためには膨大な二酸化炭素を必要とするから、電力会社は嘘つきだ」などという人がいるが、電力会社が原子炉を作ったり壊したりしているわけではないので、電力会社にしてみればとんでもない言いがかりだ。それは「我が家はエコだ」と主張している人に、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車椅子で乗れるタクシー

最近やけに目につくのが、大型のバンみたいなタクシーだ。昨年の秋頃までは多分全くといっって良いほど見かけなかったが、先週などは3分ほどの間に5台くらいの背の高いタクシーを見かけた。UD(ユニバーサルデザイン)タクシーというらしい。大きいから料金も高いのかというと、一般のタクシー料金と同じだという。障害のある人だけでなく、一般の人でももちろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こめかみで体温を測れるのかということ

体温計一本でできる健康管理 低体温は危険な信号! [ ブローダ・O.バーンズ ] - 楽天ブックス 巷ではどこもかしこも、手っ取り早く皮膚温度を測定できるということで、非接触型の温度計をさも体温計のように喧伝しているが、あれは本当に体温計と呼んでいいものなのだろうかとふと疑問に思う。どう考えてみてもあれは皮膚温であって、首から上な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計の嘘

マンガでわかる統計学 素朴な疑問からゆる〜く解説 (サイエンス・アイ新書) [ 大上丈彦 ] - 楽天ブックス シニアの骨粗しょう症・圧迫骨折を防ぐ! (別冊NHKきょうの健康) [ 宗圓 聰 ] - 楽天ブックス 高齢者の4大骨折と言われるものがある。①大腿骨頸部骨折、②脊椎圧迫骨折、③橈骨遠位端骨折、④上腕骨頚部骨折とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

USB2.0とUSB3.0など

今すぐ使えるかんたん Office for Mac 完全ガイドブック 困った解決&便利技 改訂3版 [ AYURA ] - 楽天ブックス マックのノートパソコンではLAN差込口がないというので、有線LANアダプターというのをとりあえずインターネットで注文してみたが、「USB3.0対応」などと書いてあって、届いたパッケージを見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暖かい大晦日だった

昨日は昼間歩いていて余りの熱気に驚いた。半袖で歩いている人もいたくらいだが、大方は冬のコートで、しかもマフラーなど巻いている女性もいる。こちらは背中や腕に汗をかいているというのに、そんな恰好でよく我慢できるものだ。 こんなに冬場が熱いのはやっぱり温暖化のせいなのではないかとも思うが、仮に温暖化が事実であったにせよ、それは二酸化炭素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海岸線の長さ

海岸線の歴史 [ 松本健一 ] - 楽天ブックス 海岸線の長さランキングというのがウィキにあった。基準がわからない。下に述べるように、ノルウェーの海岸線は日本より短いというのもある。細かく測ればDNAの長さみたいに果てしなく伸びてゆく。一つの細胞の中に2メートルのものを織り込む技術など、到底人類には不可能だ。自然が脳みそなしにただ長生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コイン投げの賭けゲームと逆正弦の法則とは無関係

囚人のジレンマ フォン・ノイマンとゲームの理論 [ ウィリアム・パウンドストーン ] - 楽天ブックス この前、貯蓄残高と逆正弦の法則の関連性について話した。逆正弦の法則はしばしば株式による資産形成と関連付けて話される。しかしどうも投機による一方的な勝ちや一方的な負けというのにはこの定理にはあまり当てはまらないのではないかと思う。なぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代の禿

ふと江戸の昔に髪の毛が生えなかった人はどうやって髷を結ったのだろうかと思って「江戸時代の禿」というのを検索してみると、「はげ」ではなく「かむろ、かぶろ」と読む方がどうやら一般的だったらしい。ウィキの「禿(かむろ)」には、子供の髪型とか、江戸時代の遊郭に住む童女のこととある。かむろなどと聞くと、神室の事かなどとも思える。それとも髪室のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アダムとダム

世界遺産などテレビで見ていると、古代の治水技術の優れていたことにはなはだ驚かされる。何年か前にダムの話を書いたが、ダムなどよりずっと以前に灌漑事業により複雑な水路を岩山を掘って築き上げていたに違いない。何年か前に読んだ「ダムの話」には「洪水吐き(こうずいばき)」というものが如何に重要かということが書かれていたが、不思議なことに、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風19号

先日の豆台風15号でも、中心気圧950ヘクトパスカルというのには驚いた。そんな勢いで上陸するような台風は聞いたことがないくらいだったからである。台風のサイズが小さくて、巨大な竜巻風だったから被害が大きかったのかもしれないが、大きさそのものは今回のほうがずっと大きい。 もっともっと勢力を強めて最大915ヘクトパスカルくらいになるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンデレラという呼び方について

アメリカやイギリス語を聞いていると、どう聞いても「シンダーエラ」といっているようにしか聞こえない。ずっとこれは「R」の音が間延びするからだと思っていたが、どうもそうではないことに先日気が付いた。「シンダー」というのは炭などの燃え殻のことで、「エラ」が正式な名前だった。問題は日本語の方にあって「シンダー」などと呼ぶのはどうも語呂が悪いから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防空について

OD>高角砲と防空艦OD版 [ 遠藤昭(艦船研究) ] - 楽天ブックス 最初に船舶から航空機を発艦させたのはやはりアメリカで、1910年の11月14日の事であったという。といっても、民間航空パイロットのユージン・エリィが海軍巡洋艦バーミンガムの前甲板に架設された滑走台から飛び立ったというだけで、まだこのころは偵察用に活躍する程度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クォーク

普通化学などで原子の構造を問題にする場合は、電子と陽子、中性子で十分だ。しかし、どんどんどんどん原子の構造を調べていくうちにいろいろな粒子が100個以上も見つかったらしい。それでまとめる作業が起こった。電子の仲間を軽い粒子、レプトン。陽子の仲間を重い粒子、バリオンということにした。そして核力の素などの中間子など中間の重さのメソンだ。バリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も雨だ。

イギリスなどはいつもこんな具合なのだろうか。全体的にヨーロッパでは雨が降っていても湿度は案外と低いのだという。まあ湿度50%くらいの感じだろうか。雨が降れば100%と思いがちだが、この前の計算でも案外スカスカなのだということが分かった。銀線などという形容は目の錯覚で、実際には雨粒の数などそれほど多くはない。 先ほど小降りになったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年収60万円で暮らせるか

健康的で文化的な生活を送るのに必要な最低額は年間60万円だ。これは政府がまじめに考えて引き出した結論だから、実際はこれより低くても暮らせる。 必要生活費として考えられるのは、衣食住と通信費などである。靴なども衣料に含める。私の計算では大体年間の食費代は18万円もあれば充分であったが、スーパーなどで値引き物を買えば3割は安く済むかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人の意識では過去は見えない

渦状銀河には渦巻きがあると思う人が普通であるが、実は渦などというものはないのだということもいえるという話はこの前ちょっと述べた。のべつ幕なしに寿命の短い青白い星ばかり特定の領域で作られていると、どうしてもそれは渦にしか見えない。そうしてその渦は全ての渦状銀河で回転方向を同じくしていて、常に渦を巻きこむ向きであるとされている。しかし、一瞬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有機化合物の吸収と放射能の話

ダンピング症候群のダンプというのは、ダンプカーのダンプと同じ意味で、落とすということだ。値打ちのないものを捨てるという意味合いに使われるらしいが、なぜこういう言葉が選ばれたのかよくわからない。食物が胃を経過せずいきなり小腸に落ちるために起こる症状のことで、従来胃の役目は消化の一段階と思われていたのが、どうも食物を徐々に小腸に送ることがメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカートで戦うことのメリット

スコットランドの兵隊のことだが、どうもキルト服をはいたまま戦うというのは動きにくくてだめではないかという気がして仕方がない。下着を着ていなければ、用足しに便利だから、移動の多い陸軍兵士には都合がよい。戦う時だけ履き替えたのだろうか。どうもスカート姿では足を広げられなくてバランスが取れないのではないか。それとも歴史自体が古いので、伝統を継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『恐竜はなぜ鳥に進化したのか』

文春文庫の本だ。ネットを見ていたら「面白いのでおすすめ」とあったので取り寄せてみた。しかし、酸素濃度低下が生物大絶滅の原因だったという話はかなり以前からいわれていたものであって、特に目新しいものではない。最近やたらと新説ばやりだが、昔は著作権がなかったので、旧説をモチーフにした新説を表しても訴訟を受ける恐れがないためかとも思われる。本書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プテラノドンについて

プテラノドンという名称はギリシャ語で、[pteron](翼)+[an](否定詞)+[adous](歯)だそうだ。[pteronanadous]となると、プテロナナドウスとなりそうだが、終わりの方はかなりいい加減で、やはりドンと付けると恐竜風になる。鳥類は今や恐竜類だが、翼竜が鳥類と通じているかどうかわからないので、一応翼竜と恐竜とは異な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽からの光

今更だが、太陽の中心付近から発生した光が地球に届くまでの何十万年だか何百万年もかかるのはどうしてだろうということを思った。原子がプラズマ化しているからだというのが通説だ。光波は質量がゼロであるが、何かにぶつかって止まるときに光子となる。そして光波は電化による散乱現象を受けやすい。そうして光が中心から漏れてくるということは太陽の中心が半透…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スノーボール・アース』を読んで。

誕生後まもなく地球が全球にわたって凍結したという話である。生命による酸素の産出により、温暖化ガスのメタンが分解され、さらに二酸化炭素もなくなり、温暖化効果が消えたために、地球全体がひどく冷えたというストーリーだ。確定された事実のように伝えられているが、真実かどうかはよくわかっていないらしい。 はるか太古の太陽は現在より3割も暗かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more