テーマ:社会

炎の揺らぎを見ると心が落ち着くか

ヘビフロッグの動画をみていたらそういうのがあって、調べてみると、「キャンドル・セラピー」というのがある。最初はコメント欄にもあるように、そういうのは放火魔の気持ちであって、やや精神に異常がある人に限られるのではないかと思っていたが、どうも原始時代に遡る遺伝的すり込みみたいなものがあって、多少心の擾乱は反映しているだろうが、揺らぎの大きさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河野太郎さんは先祖代々反日

河野大臣の英語力という動画を見てもいえる。↓ https://www.youtube.com/watch?v=1tiTvztTyEw 大変流暢で一見よしに思えるが、愛国心のある政治家なら、意図的に自国流の英語だとわかる発音でしゃべるのではなかろうか。アメリカべったりではないということを公にアピールするためだ。アメリカに媚びること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人口削減の目的

陰謀論というのを信じた場合の説明の動画が見つかった。↓ https://www.youtube.com/watch?v=xUdOKHb-8Cw なぜわかりきっている諸矛盾を政府が受け入れるかについてだ。 米国のジョージア・ガイドストーンには、世界人口を5億人以下に抑えるということが、第一に書かれているらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染者なんて本当に増加しているのか

身の回りの顔ぶれは相変わらずいつもと変わらない。もしも毎日100人感染者が出ているなら、10日で100人に1人ヒットの割だから、もう誰か一人くらい耳にしても不思議ではない。私と同じ気持ちを抱いているのがユーチューブではかなり目立つ。報道のデマなのではなかろうか。病院だけが病人であふれているため、医療機関に従事している人間がころりと騙され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンを打ったら病気になるのは当たり前

https://www.youtube.com/watch?v=lafMdTtp6Z4 コロナでマスクするのは、「マスクしないと糖尿病になっちゃうんだよ!」というのと同じらしい。医者がワクチン打って熱が出たやつにロキソニン出すのは気違いだという。 やっぱ、政府なんかの言うことより、よしりんのほうがあってると思う。 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金メダル丸かじりの河村さんは緑の狸おばさんなどよりずっと立派だった

私利私欲の全くない変人であって、喜んでもらおうと思ってやったらしい。武田さんとは非常に付き合いが古かったらしい。何をしてやっても礼ひとつ言わないので、みな離れて行ってしまうだけらしい。↓ https://www.youtube.com/watch?v=9Mn2gQ-Exnc 武田さんの意見では河村さんに首相をやってもらうのが日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満場一致のパラドックス

始め思っていたよりも「ゆっくりシリーズ」というのは面白そうだ。バックミュージックも割といい。↓ https://www.youtube.com/watch?v=cSQIpirgTUc 半分の人間はランダムに間違えるというのが自然らしい。記憶においてはよくあることだ。皆が犯人はこの人などと特定している場合は、その信ぴょう性は低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピック開催は決定、後は規模の問題

https://www.youtube.com/watch?v=xqR4rvjz5aI 取り止めできると思っているオパヨの頭がおかしいのだそうだ。国際公約は守るべきであるという。でも「オパヨ」って「頭がパーな左翼」というほどの意味で、左翼自体がせいぜい2割もいないのに、オリンピック中止しろという世論が半分以上もいるというのもおかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新型コロナワクチンの正体」を読む

内海聡さんの本だが、この本に免疫のことが書かれていて、世間で免疫について述べている通常の説は間違いだとはっきり述べている。なかなか購入できないで、五日ほども待ってようやく第2刷が届いたが、そのあとまたすぐ売り切れで、また3刷目を刷っていたらしい。アマゾンではページそのものが消えていたという。私も常々自然免疫+獲得免疫の二者だけを免疫と呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナワクチン接種者と接近してはいけないそうだ

ファイザー報告書に、スパイク蛋白が接種者の呼気や皮膚、汗などから出ているという。非接種者への曝露という言葉で報告しているそうだ。免疫力の弱いものに暴露された場合は感染症を引き起こす恐れがあるとしている。治験終了予定日が、ファイザーの場合2023年5月2日と、今年6月の時点ではそうなっているので、まだ完成された形でのデータは十分に集まって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホリエモンは相変わらずのんきだ

https://www.youtube.com/watch?v=jDpGDYiAnxc 副作用は打ったのち数週間以内に終わってそれで終わりだと信じ込んでいるかの様にも見えるが、どうせ見せかけだろう。本性のほどが見え隠れしている。コメント欄を見ても、その通りなどといっている人はいないようだ。「相変わらずお前はバカだな」といっている人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田邦彦の真珠湾論

「武田邦彦の本当の話」にアメリカやイギリスのズル話が脱線気味にあった。バカな学者はみな首にしろとか、医者の家が火事になっても消防士は火を消してはいけないなどと変なことを言っているので、また削除されるかもしれない。 https://www.youtube.com/watch?v=9fKuDT0DhFQ 欧米でも国民はま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は世界の真似をするべきではない

ユーチューブで「日本人の国民性」というのを見た。海外から見ると日本ではぽつねんとした位置にあるように見えるそうだ。↓ https://www.youtube.com/watch?v=YcnTPI1EduU どうも世界の諸国中日本だけ特別な例外であることは大体間違いがないようである。地勢学的にいっても、こんなに地震が多くて数百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人口が減少している国では、死者数も少ないこと

日本は世界の例外で、コロナウイルスの蔓延でどの国も死者数を増やしているのに、封じ込めに成功したおかげで死者数が劇的に減少した唯一の国であるなどと述べている人がいる。しかし、そんな自慢をする前によく考えてみれば、死者数が減ったのは総人口が減少したからではないか。日本は世界に先駆けて、唯一人口を継続して減少させている国だ。 今後、世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「健康第一」は間違っている」を読んで

健康というものを自分の肉体が病気にかからないことという程度のこととして、そのために努力することにどのような意味があるのかと考えると、肉体などというのはせいぜい120年間のものであって、末永く続くものではない。お金は永久に存続する場合もあるから、もしかすると健康よりもお金のほうが偉いのかもしれない。それに120歳の年寄りが20歳の青年と同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池さんのことだろうか

あの人が都知事になってからほとんど条例らしい条例というのは成立していないらしい。石原さんなんかと比べると遅さが際立ってめだつ。やっていることといえば毎日のように服装を着替えることと、目の周りに黒い淵を描くことくらいで、テレビであの姿を見るだけでいつも不快千万である。であるからオリンピック問題でたびたびあの口だけ女と接している少し頭の古い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生に人気のある菅総理

ウィキペイアによると、菅義偉氏は空手が得意で三段の実力があるそうである(*)が、そんな風には見えない。秋田のイチゴ農家の出身だそうだ。学費が一番安いという理由で、アルバイトをいくつかしながら法政大学を卒業したという。出自が一般的なのが若者の人気を集めている理由の一つなのだろう。法政大学に在学中の学生には特に期待されているようだ。学生の間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人はラテン民族と似たような性格だったかもしれない。

どちらの民族も文明の最も大きな移入は赤道化の太平洋からもたらされたものだろうからである。 従来、日本人は、南方モンゴル系の縄文人と、北方弥生人との混血であるという説が有力であった。しかし近年遺伝子検査から、縄文人も北方系であるといわれ始めた。それが「日本人バイカル湖畔起源説」だ。南方系はせいぜい1割程度だろうという。遺伝子検査とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康法の誤り

ビタミンCが風邪の予防だなどというのは大ウソという本があったので、どういう理由かとおもってとりよせてみた。奥田昌子の「なぜ健康法は効かないのか」という2色刷りの本だ。今年10月に出版されたばかりのだいわ文庫のものである。以前読んだ本ではどうしてもビタミンCは健康に良いことを強調していたが、どちらもありうるということらしい。見解によって表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂の重さの正体

1立方メートルの空気の重さはおよそ1.2キログラムもある。仮に全部水分にしたとすると牛乳パック1本分以上になる。一立方メートルの体積というと、大きめの湯舟一杯分である。この中に牛乳パック1本も詰めるとなると、そんなに空気とは重いものなのかと改めて実感する。今3メートル四方の箱型の部屋の中を想定すると、この部屋の体積は3^3=27立法メー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトラーと豊臣秀吉

両者に共通するのは、その治世の後半では配下のおそらく多くのものから「狂人」と思われていたことである。特にヒトラーに関しては度重なる暗殺未遂事件が直属の部下から頻出している。徹底的に異なるだろうということは、秀吉の場合、国民の支持など全く得ていなかった時代だったということだ。 そういう違いはあるが、秀吉が日本では英雄扱いされるのに対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚生省運動量の基準

運動の強さに時間をかけたものをエクササイズという運動量で表す決まりがある。厚生労働省が2006年に設けた決まりだ。安静状態における運動の強さを1メッツと呼ぶことにしている。世界的には、このメッツのみしか使われておらず、エクササイズは日本独自の尺度だそうだ。「メッツ×時間」=「エクササイズ」だ。この1メッツを基準とすると、時速四キロで普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国勢調査オンラインを済ませた

最近ずいぶん空き家が増えて困っているそうだ。日本国内では何をするのも本人の自由で、それはアメリカやイギリス、フランスといった諸国よりもよほどゆるいので、どの自治体も強制的な解体措置を取れないからだという。他国と大きく異なるのは、戦車で公道を走るなどということにはどうやら取り決めがあって規制されているという。まあ、概ね自由なのが日本社会の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地味な内閣になりそうだ

次の総理大臣はどうやら菅さんで決まりという具合になった様だ。いつの世でもそうだが、何か世の中に変化があるたびに、「今度の政権は史上最悪だ。これほど社会が暗くなったことは初めてだ」などというものがいつも現れる。世相が暗くなった様に見えるのは、自分自身の目が老化現象か何かのせいで明るさを遮られたからだ。特に視神経の劣化は脳の萎縮を意味するも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かなり長期政権だったらしい

まあ、アメリカなどと比べると長いとは言えないと思うが。佐藤内閣の時の様に、後になって評価されるのだと思う。けれど、どうやら沖縄に対しては、戦後最も冷淡な内閣だという人が多い様だ。逆に北方領土返還の問題に関しては積極的だったと報道している向きも多かったが、その割には「一方的に侵略されて」などとロシア政府の機嫌をたびたび損ねていたのだから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた麻生大臣の誹謗中傷

いつぞやも同じ様なことを書き連ねたものだが、よくよく非難の的となる人物だ。総理に非難が及ぶのを回避しているといえばいえる。どういう応答があるのかあらかじめわかっていて、わざと発言して、「大衆はバッカじゃなかろか」などと内心思っているに違いない。 なんでもない普通のことを言っても世間のものは暇つぶしにあれこれと詮索する。半年も働き詰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多数派の過ちについて

今回の騒動で、大衆がいかに盲目であるかがはっきりと目に見える形で現れた。いつでもそうなのだが、多数派に迎合したさも気の利いた意見よりも、一見独りよがりで傲慢に見える独特の意見の方がしばしば正解により近いものである。 私がネット記事でよく見かけるのが、池田信夫氏がアゴラに書いた記事だが、必ずといって良いほど非難の矢面に立たされている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間もなく感染爆発か

今日近所の食料品店へ買い物に行ったら、一人の店員がレジの前で、「感染防止のために黄色い線の前でお待ちください」と、マスクはかけていたが、ヒステリックに大声で何度も叫んでいた。自分の手元に買い物かごに詰まった食料品があるのに、あんなに大声を出したならばマスク越しでも飛沫が飛んで返って駄目なのではなかろうか。どうもあまり若い人にはその辺のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り締まるだけ無駄な大麻

マリファナの科学 [ レスリー・L.アイヴァーセン ] - 楽天ブックス 大麻を喫っても別段ハイテンションになるわけでもなく、リラックス出来るのだという。それで海外ではもろもろの国が解禁の方向に向かっている。オランダではもうずっと前から解禁しているが、社会にさほど不安のない所ではすっても無意味なので、オランダのようなのどかな国だとほと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化と台風の大型化には正の相関はあるか

ほとんどの人はこれらが強い相関関係を持っていると思っているようだ。もちろんそのように思っていない人も多数存在している。温暖化自体を信じていない人も多い。 台風が大型化してるというのは、台風というものは海面からの水蒸気の蒸発によって成長するものだからだ。であるから海水温が温かくなれば当然蒸発する海水の分量も大きくなり、台風はより急速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more