アクセスカウンタ

森の散歩

プロフィール

ブログ名
森の散歩
ブログ紹介
   毎日わりと時間だけはある。

       ・・・暇なほうが人生うまくいくと思っている。

                  (・・と思うのであるが・・・)


zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「眠れない人がぐっすり眠れる本」
「眠れない人がぐっすり眠れる本」 最近また夜中の2時30分ころ目覚めてその後寝られないという状態が続くので、ネットで「早朝覚醒」というのを調べてみたら、午前中は陽の光をできるだけ浴びないことが予防だとあった。午前中は出来るだけ出歩かず、外に出る時はサングラスをかけることという。午後に日の光を見て体内時計をずらすこととあった。テレビなどでやっていることと全く逆だ。びっくりしたので簡単な本を取り寄せてみることにした。よく考えてみると、朝日を浴びない方法というのは、それがストレスとなって返って悪化するのではなかろうかという気もするのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 07:56
『カント先生の散歩』を読んで。
『カント先生の散歩』を読んで。 夕方に「伝票番号未登録」の状態のままメール便でポストに届けられた。たまにはこういうこともあるのかと思って、よく見たらクロネコではなく郵便局のメール便に代わっている。「ゆうパケット」というものだ。届いた本をパラパラ繰っていると、カントが59歳で手に入れた家というのが出てきた。一見建坪25坪くらいだが、高さが4階建てくらいありそうに見える。しかし筆者の池内紀(おさむ)氏はこれを「いかにも貧しげな家」と形容する。煙突のようなものが2つもついていて、屋根裏部屋のようなものも5つは見えるから、それほど狭い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 11:17
カント『視霊者の夢』を読む
カント『視霊者の夢』を読む 本の裏表紙に書かれていることは、おそらくカントの本心ではなく、ガリレイの「それでも地球は回る」に近いとまではいかないにしろ、どちらかというと「神秘主義万歳!」というかそんな感じである。第一部と二部に分かれているが、最初のほうがカントの本心で、やや複雑な文章構成にしてあるのはちょっとしたカムフラージュではないかという気がする。カントとしてはスヴェーデンボリに好意的であったが、諸般の事情で批判的文章を書かざるを得なくなったのではないだろうか。大体においてドイツ観念論のことはじめであるから、唯物論など... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 08:24
「仏教の思想12」・・永遠のいのち(日蓮)
「仏教の思想12」・・永遠のいのち(日蓮) 日蓮上人という人は、およそ他者の見解を受け入れないけしからん人のように世間では噂されているが、そんな噂はとんでもない大誤解なのだということがこまごまと書かれている。大体鎌倉仏教の改革者の中で、日蓮だけが天台智の教えに何ら懐疑心を抱かなかった。ただ一人の保守派であった。日蓮が何か新しいものの創造者であるかのように見えるのは、中世の武家社会こそが創造的なのであって、その中での回顧主義がむしろ新鮮に見えたということだけのようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 08:45
『フロイトとユング』
『フロイトとユング』 講談社学術文庫の昔の対談集だ。原本は1978年11月に思索社から出版された。40年ほど前だ。河合隼雄(1928〜2007)がユングの孫弟子、小此木啓吾1930〜2003)がフロイトの孫弟子にあたるそうだ。小此木さんは医学部だが、河合さんは京都大学の数学科の出身。本ではユング派の人々を「ユンギアン」、フロイト派を「フロイディアン」と呼んでいるが、あまり聞いたことのない言い回しだ。始祖名に[-ian]をつけただけだが、今までこういうのはきいたことがない。自分自身をこのように赤の他人のグループの一員と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/11 08:36
『古仏のまねび〈道元〉』
『古仏のまねび〈道元〉』 禅は仏教の中で最も老荘思想に近いという学者もいるそうである。しかし、最も体形のない自由な思想であるから、同時にもっとも遠い派もありそうな気もする。近い派が最も多いということだろう。体系のなさは陳腐化につながる。簡単なもの思いで悟ったような気になる者の多いことだ。つまり一般社会に害毒を振りまく温床になりかねない。そこが最大の欠点といえる。今時禅などやるものは幾許かは知らないが、どこの病院に行っても盛況なくらいにはにぎわっているだろう。それだけ見るとブームのように思うだろうが、全体としての割合がどう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/04 08:18
シマウマの縞模様
シマウマの縞模様 昨日の日曜日、「ダーウィンが来た」の再放送をたまたま見ていたら、シマウマの縞模様が非常に鮮やかでカムフラージュ(輪郭がぼやけて巨大生物のように見えるというほどの意味だろう)のように見えるのは人間の勝手な解釈で、ライオンにとっては視細胞の数が人の3分の1しかないので分解能もさほどではなく、ぼんやりとした像しか見えないとやっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/30 12:57
『戦前の日本』という本を読んで。
『戦前の日本』という本を読んで。 2016年2月に第一冊が出たが、その第一冊のあとがきに2017年1月付のあとがきが載っている。説明書きがないのでなんだかわからない。筆者は、『ヒトラーの経済政策』のフリーライターの武田知弘氏。明治以降戦争前までの「教科書には載っていない」ショートヒストリー34篇からなっているが、小林多喜二の話など教科書に載っていそうな話もある。しかしおおむね、歴史とは解釈次第でいかようにも変容するものだということをしみじみ教えさせるストーリーだ。つまり、過去は変わるのだ。覆るのである。未来といささかも異なるとこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 08:15
大衆は常に誤っているということについて
現代社会においてこういうことを言ったのは、アール・ナイチンゲールという小父さんであるが、直感的にどうもこういうタイプの人は好きになれない。大衆とは、人と同じように考え行動する人間を指すのだろうが、きわめて知能の高い部類に入る大衆というのはそう滅多に間違えるものではないというのが事実である。それよりも、「頭の回転が鈍いものは常に誤っている」といった方が事実に近い。単に数学でいう確率の大きい方に向かって行動するというタイプだけでも案外正しいサバイバル作戦になる。だから件の小父さんは多分嘘つきだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/26 17:07
「仏教の思想9」生命の海(空海)
「仏教の思想9」生命の海(空海) 湯川秀樹(1907−81)氏は『天才の世界』の中で空海を最も愛する天才の一人として述べているそうだ。『目に見えないもの』の中でも高く評価しているらしい。空海(774−835)の芸術才能にはきわめて偉大なものがあったとは梅原猛氏の言いだ。禅や浄土はどことなく暗い。阿弥陀仏を表に出せば、勢いこの世の人生には後ろ向きの印象を与えるのは直感的にやむを得ない。それとは対照的に空海は生の哲学だ。それは一種ニーチェの「真昼の時」(*)という思想と重なるところがあるそうだ。日本の森を哲学的思索の中に取り入れた思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/21 08:10
雨降りの日について
雨降りの日について 最近ずっと雨模様だ。部屋にいる限りでは戸外の音がもこもこっとなって雪降りの日の次くらいに静かで気分が落ち着くが、雪の日と比べて何となく臭いのが気になる。それとナメクジやミミズががやたらと出没する。寒い日は酸素量が多いのかさわやかなすっきりした気分になるが、暑いときは室内の空気は淀んでいてさわやかではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 09:44
『三角形の七不思議』を読んで
『三角形の七不思議』を読んで 前回「3」を好むものについて少し触れた。そうして、華厳の理想は高さだということを述べた。高みへの憧憬を示す数なのだろう。洋の東西を問わず、3という数には呪術的な作用がある。そうしてその呪文は唯物論のはびこる現代社会でもなおさらに色濃く残っている。それでとりあえず、三角形について調べてみようという気になったのである。七不思議といっても、7章からなるということだ。買ってはみたものの、あまり面白くなかったので、ざっと目を通した程度で、きちんと読んでいない。著者の細谷治夫氏は1936年生まれのお茶の水大... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/14 08:37
「仏教の思想5」…絶対の真理〈天台〉
「仏教の思想5」…絶対の真理〈天台〉 日本仏教の母といえば天台宗だといえるとは梅原氏の解説でなくても普通に考えてみてもそういうことになる。その前に今度の本は中国天台だ。仏教の方の人としては、田村芳朗という1921年生まれの東京大学名誉教授が執筆している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 08:33
「WWU世界のロケット機」
「WWU世界のロケット機」 この前朝鮮戦争でヘルキャットがドローンとして用いられたというのを読んで、誘導弾について調べてみる気になった。そういえば、北朝鮮の水爆が日本のおへそに落ちたならちょっと全滅かもしれないなどとも思う。しかし最近のニュースで「我々の気持ちもわかってほしい」などと、訳の問題かもしれないが、やや弱気ともとれる言い回しをしていた。件のパルス攻撃は最悪の場合交通網がマヒする程度で、確かなのは携帯電話やスマホが壊れることくらいだという。1960年前後に米ソがやって以来実験されていないのでよくわからないらしい。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/30 08:28
なぜ小池百合子氏が人気を集めるのか
なぜ小池百合子氏が人気を集めるのか あれほど無責任な人もいないように思えるのだが、なぜなのだろうか。築地市場移転の問題も、結局すべて丸投げの形で、結局は何も片づけないままで終えるつもりなのだろうとしか思えない。もしも一般企業の社長であったなら、即刻解任のはずだ。これは菅直人総理の時でも感じたことだが、おなじことを何度も繰り返すのが大衆というものなのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 16:39
『弱小国の戦い』を読んだ
『弱小国の戦い』を読んだ また光人社のNF文庫だ。飯山幸伸という1958年生まれの人が書いている。どうも戦時に関する知識はすべて書物から得たという感じだ。すべてではないだろうが、例えばゼロ戦の性能などに関する知識は紙面上の統計資料から得たものであって、航空力学の知識が特別にあるようでもなさそうなので、例えば平均人というのが存在していたという陥穽に陥っているといる危険性も多少はありうる。機体の個性により大幅に異なるのだ。微妙に異なるなんていうものじゃあなさそうだ。しいていえば、大量生産ができる工業国ほど個体差の少ない生産が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 08:27
今朝もだいぶ手間取る
3,4日前にマイクロソフトの更新プログラムをインストールしようとしたら、また「インストールを準備」の途中で失敗。カタログから「KB4038782」というのを探してインストールしたのだが、今朝になってまた同じ番号のダウンロードが自動で始まった。しかし0%のままいつまでも終わらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 08:02
「手足のしびれ神経痛」の本
「手足のしびれ神経痛」の本 わかさ夢MOOKの雑誌本みたいな体裁だが、このまえよんだ「線維筋痛症を自分で治す本」の2倍半くらい大きい本で、しかもページ数は大差なしで860円だったので、非常に癪に障った。この前、あんな高い本は買わなければよかったかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 08:23
『森田療法』(講談社現代新書)を読んで。
『森田療法』(講談社現代新書)を読んで。 筆者の岩井寛氏は、1931年生まれだが、最初早稲田大で美学を学んだそうだ。それから精神医学をやったというが、1986年にがんのために亡くなった。55年間では短すぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 08:13
電磁パルス攻撃について
電磁波攻撃でライフラインがすべてストップするというのをテレビでやっていた。しかしすべてというのはどうもおかしい。電磁波なら金網などでシールドするだけで防げる。地震国で鉄筋コンクリート中の鉄骨が縦横に張り巡らされているビルの内部にも、なかなか侵入できそうもない。車の内部などは多分相当に安全だ。地下も安全だろう。それに変化が止まったら電磁波もすぐになくなる。そう考えてみると、かなりおかしな点が目につく。太陽風の場合は半日くらいはフレアの影響が続いてもおかしくはない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/07 13:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

森の散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる