降水確率ゼロ%とはいわない(コロナワクチンというのがあるのか)

気象予報士は常に「降水確率零%」といっているそうであるが、理科の人間はそんな定義などにあまり頓着しないのが普通だと思う。アインシュタインなどは同じ論文で途中まで「α」を使っていたのを気まぐれで「A」記号に変えたものもあるらしい。あまりそこまでいい加減な人はほとんどいないらしいが、ドイツ社会はそういうのも許容していたらしい。だから「降…
コメント:0

続きを読むread more

家が広いとお金がたまらない

日本政府の「誘導居住面積水準」というのがあって、都市居住型で①単身者40㎡、②二人以上20㎡×人数+15㎡、一般型で①単身者55㎡、②二人以上:25㎡×人数+25㎡だそうである。面白がってそういう基準を設けているとしか思えないが、「これ以上広い家に住む必要はない」という一様の目安になるかもしれない。確かある程度以上の居住空間になると、急…
コメント:0

続きを読むread more

近所でコロナにかかった人などいまだに聞いたことがないこと

報道では毎日のように騒ぎ立てているが、一年半近くたっても、まだ全国で60万人くらい以下しか発症していないらしい。うちたいいんしたのが50万人強だという。インフルエンザに感染するのが年に3000万人で数百万人が発症などというのとは大分違う。よっぽど体の変な人間しか発症しないのであって、普通の人なら自然免疫で排出してしまうのではなかろうか。…
コメント:0

続きを読むread more

変形性関節症

ミネルヴァ書房の「シリーズ骨の話」の4番目である。「膠原病」と「関節リウマチ」は読んだから、今度で半分読み終わることになるが、ただ読んだだけだからなんだかよくわからない。骨といっても、関節軟骨の骨のことだ。軟骨も完成後、新陳代謝で多少は新しい入れ替えも起こるが、体のほかの部位と違って、全部が頻繁に周期的に入れ替わるということはない。大体…
コメント:0

続きを読むread more

コロナワクチンでゾンビになるかもしれないこと

コロナワクチンというのはいまだ遺伝子ワクチンしか作れないらしい。遺伝子ワクチンというのはウイルスの遺伝子を人体に注射して、人体で抗原と抗体を生産させる方法だそうである。今までのワクチンは抗原となるものは人体の外部で作る方法であって、それでも少しは危ないのだが、一応100年以上の歴史はあって、副作用があっても短期間で終わるということが大体…
コメント:1

続きを読むread more

コロナウイルスはすぐ消毒できる

なぜなら歯医者で感染した人がどうも報告されていないようだからである。最もコロナウイルスの感染リスクが高いはずの歯科衛生士や歯科医の感染者がいなくて、一般の内科医や精神科医がやたら感染しているということは、どうやら病院機関の消毒が不徹底であるからだと思う。多分歯科医院の中など飛沫だらけだと思うから、もし感染者がいたらたちまちウイルスも飛び…
コメント:0

続きを読むread more

ウインドウズのバージョンアップが1年半ぶりにあった。

3か月くらい前からアップデート画面に「注意!」が表示されていたので気になっていたので、平日の夕方4時で時間も残り少なかったがバージョンアップの表示がやっとあったので更新する。二つばかり飛び越して20H2だったが、やはり夜の8時過ぎになってもさっぱり終わらないのでインターネットの接続だけ切って寝てしまった。夜中の0時に起きてみると、再起動…
コメント:2

続きを読むread more

蛇口のパッキンを取り換えた

水道の元栓を閉じようと思ってふたを開けたが、泥ばかりで何も見えない。メーターのほうは検針のたびにおばさんが泥払いするのか、そちらだけへこんでいる。確かレバーみたいなのを倒す奴で、10年くらいいじくっていないと思うが、10年でこんなに埋没するのだろうか。考古学調査の遺跡なら天然自然の開けた場所だからすぐ埋もれるのだろうが、こんなのは狭い箱…
コメント:0

続きを読むread more

バイオリン協奏曲と宇宙の調和

ユーチューブの動画を見ていたら、ヒラリー・ハーン(1979-)という人のバイオリン協奏曲ばかり余白のところで紹介するので、『さてはこの女性が今どきのバイオリニストでもともうまい人なのだろうか』と思ったりしていたが、調べてみるとそうでもないようで、検索してみると、やはり日本国内だから日本人をひいきにするのか、上位にランクするのは日本人バイ…
コメント:0

続きを読むread more

永田鉄山

10年位前だろうか、津本陽の「日本剣客列伝」というのをかいた。その前からずっと永田鉄山がどういう場面で斬殺されたのか知りたかった。剣道の達人である相沢中佐は、河内守藤原国次の名刀で、永田少将を夏服の上から袈裟掛けに三度斬ったが、どうしても斬れなかった。挙句は自分の左指4本に骨まで達する重傷を負ったそうである。竹刀剣道では、刃筋のことを全…
コメント:0

続きを読むread more

犬の先祖

考古学的な調査からは、人が犬の家畜化を始めたのは2万年前ということになっているそうだ。犬の起源は狼だということになっているが、ずっとのちに豚を飼いならした時でさえ、最初に豚の祖先であるイノシシを飼いならそうとして何人もの農民がその凶暴さの犠牲になったという。狼の凶暴さはけだし猪よりはるかに大きいのであるから、狼をそのまま飼いならしたとい…
コメント:0

続きを読むread more

健康に執着しないことだ

春なんていうものはいちいち訪ね歩いて探さなくても季節が来れば向こうからやってくる。「道は近くにあり、しかるにこれを遠きに求む」ということでもある。 私は健康本など読むのが趣味であったが、そのたぐいの書物を書いている筆者をユーチューブなどで目にしても、ちっとも若々しさというものがない。ヨガ行者などは2倍くらい年を取って見える。50歳…
コメント:0

続きを読むread more

玉虫色について

トンボやセミの羽にサラダ油を塗ってもそれなりの色彩の変化は出せると思うが、夢中で羽ばたいているうちに油分が飛び散るか蒸発して、しばらくすると単調なつまらない色に戻ってしまうだろう。タマムシの羽の地の色は緑だが、何層にも透明な層が取り巻いていて反射光との干渉作用で赤や黄色の色を作り出す仕組みになっている。色がついていない羽のほうが面白かっ…
コメント:0

続きを読むread more

健康より大事なもの

ふと「整形サイボーグ」などといわれていたバニラという女性は今どうしているだろうかなどと思った。ネットで検索してみると、ああしたタイプの人の過去は失せられた部分が多いのかと思っていたら、意外と多くのことがわかっているようである。昨年くらいの自演で腕に2億円の費用を整形手術に使ったらしいが、収入減はおおむねすべて美容整形院の広告収入だそうで…
コメント:0

続きを読むread more

クロームブックについて

去年マックミニを買ったが、結局ウィンドウズのほうがましで廉価だということが分かっただけで、マックのほうに10万近く、ウィンドウズのほうに7万近く、合計16万ほどのお金をあまり有効に使うことが出来なかったが、最近になってどうもクロームブックのコマーシャルをテレビでやっているのを見て、あっちに目移りがしてきた。 ウイルスソフトを入れる…
コメント:0

続きを読むread more

「「健康第一」は間違っている」を読んで

健康というものを自分の肉体が病気にかからないことという程度のこととして、そのために努力することにどのような意味があるのかと考えると、肉体などというのはせいぜい120年間のものであって、末永く続くものではない。お金は永久に存続する場合もあるから、もしかすると健康よりもお金のほうが偉いのかもしれない。それに120歳の年寄りが20歳の青年と同…
コメント:0

続きを読むread more

関節リウマチ

関節リウマチで知られる有名人がフランスの画家ルノワール(1841-1919)で、1888年47歳の時に発症したらしい。1905年ころから悪化し車いす生活となったが、その後も医者から禁じられているたばこを大いにたしなみ、「色彩の魔術師」といわれた。手はひどく変形していたが、それほど痛がるそぶりは見せなかったらしい。痛みに耐えることを一種の…
コメント:0

続きを読むread more

投資家について

投資家といえば長いことジェイコム男しか知らなかったが、ほかにも色々いるらしい。中でも有名なのがCIS(しっす)という人物だ。法政大工学部4年の2000年から株式投資を始めたという。1973年3月の生まれで、1978年3月うまれのジェイコム男よりも5歳年上だが、当時ジェイコム男のほうは日本大学法学部の3年生だった。27歳で大学4年は何かの…
コメント:0

続きを読むread more

潜水艦そうりゅうが民間船と接触して壊れた

アメリカみたいに軍隊の権限の強い国であれば、潜水艦などはもっと急速浮上するだろうから、潜水艦が浮上時に衝突する場合は船首に傷を受けるのだろうが、権限の弱い自衛隊としては「お前がもたもたしているのが悪いんだ」などとトランプ流の横暴さを発揮することなど到底できない。毎度民間との軋轢があれば世間的には圧倒的に非難されるのが自衛隊であって、せい…
コメント:0

続きを読むread more

膠原病

ミネルヴァ書房の「シリーズ・骨の話」の5巻目の本が「膠原病」なのだが、骨とどういう関係があるのだろうかと思って取り寄せてみた。「骨の話」は全6巻あって全部面白そうだが、変形性関節症・脊椎症、骨粗鬆症などは、骨と関係が深いというのはすぐわかる。しかし膠原病というのは骨と結びつかない。膠の元という言葉からすると、なんとなくコラーゲンと関係が…
コメント:0

続きを読むread more