森の散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 年賀状に貼り付ける写真について

<<   作成日時 : 2014/11/29 14:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

子供の写真付きの年賀状を送られて非常に不快に思っているという人が意外に多いというのを聞いた。多くの者は別段なんとも思わないだろうが、おそらく一割か、ひょっとすると2割以上のものが不快に思っているかもしれない。生涯独身だというもののほとんどが子供嫌いだということはありそうなことであるし、そういったもの達の数でも全体の一割を超している。また結婚したとしても、子供嫌いで、あらかじめ子供は作らないことを夫婦で決めているものもいる。大学時代にそういった教授が一人いた。子供が駆けずり回る姿や甲高い声を聞くたびに、背筋がぞっとするのだという。

そういった性質の者たちが一割を超すほど多いというのに、無差別で送付する年賀状にわざわざ他人を不快にさせるであろう写真を添付するというのは知性の欠如、特に洞察力の貧弱なことを示すものである。これは例えば古いタイプの人間が「自分たちの時代は当たり前だった」といって、暴力的指導を全員一律に押し付けるのと似ている。それは古いタイプの人間などというような婉曲的表現を使うよりも、むしろ「頭の鈍い者たちは」といったほうがより適切だ。そういったことをするものに頭の切れるものはいないからである。何年か前に、同窓会に自分の子供を連れてきて平然としている父親がいたが、やはり昔からかなり頭の回らないものであった。非常識というよりも、子供自身が終始つまらなそうにしていて、『バカな親だな』と思っていたものである。

反対に、不快に思うものがごく少数で、全体の1%を超えないようなものであった場合、無差別に対象を選んだ場合であっても、例外的な人物に対する配慮といったものは不要となるのが、現代日本社会の慣習であるように思う。聾唖者に対する配慮は通常の場においては必要なく、全員が健全者であるとして扱うのが当然であろうが、それは彼らのような異分子がごく少ないからだ。階段の上り下りのできないものはもっと多いだろうが、結婚式のパーティの通知状にわざわざその旨を書き添える必要はない。

どのあたりが閾値なのかというと、それは時代によって異なってくるようだ。昭和の終わりごろだと、大体5%が無視できるかできないかの分かれ目であっただろう。平成に入ってからは徐々に少数派を受け入れるようになってきたが、まだ1%程度のものだろう。社会的に同性愛者を許容するか否かがこのレベルだと思う。日本においては少数派に対する寛容度はずいぶんと低く、いまだにベジタリアン専用のレストランというのを見かけない気配にもそれは表れている。もっとも私が菜食主義について調べたのはもう5年ほども以前のことだから、今では若干世の中の多様性というものも増えたかもしれない。



図解マナー以前の社会人常識 [ 岩下宣子 ]
楽天ブックス
講談社+α文庫 岩下宣子 講談社【秋のスーパー読書2014】 発行年月:2005年09月 ページ数:


楽天市場 by 図解マナー以前の社会人常識 [ 岩下宣子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





常識の壁をこえて [ ダン・S.ケネディ ]
楽天ブックス
こころのフレームを変えるマーケティング哲学 ダン・S.ケネディ 池村千秋 CCCメディアハウス【ビジ


楽天市場 by 常識の壁をこえて [ ダン・S.ケネディ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





常識以前の仕事のルールとマナー [ 白沢節子 ]
楽天ブックス
ビジネスいらすとれいてっど 白沢節子 日本実業出版社発行年月:2006年06月 ページ数:125p


楽天市場 by 常識以前の仕事のルールとマナー [ 白沢節子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





「常識」の研究 [ 山本七平 ]
楽天ブックス
文春文庫 山本七平 文藝春秋発行年月:1987年12月01日 予約締切日:1987年11月24日 ペ


楽天市場 by 「常識」の研究 [ 山本七平 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年賀状に貼り付ける写真について 森の散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる