森の散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 正月にふさわしくない表現

<<   作成日時 : 2017/01/01 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ふと新聞を見ると、「ニュースキャスターが日本人の犠牲者はいないようですと嬉しそうに話していた」というのがあった。誰だ、こんなバカな文句を書いたのは、と思う。

身近なものに犠牲者が出ないのは幸いである。面倒なことも、出費がかさむこともない。第一「嬉しそうに」などという主観をまるで真実のようにとらえている間抜けな表現にも腹が立った。


何も正月に限らずとも、一見もっともらしいこのような主張が、現実離れしたおとぎ話に過ぎないことはよくあることだが、腹の立つのは、それを主張している当人が大真面目でそういうありそうもない夢物語をさも宝物でも見つけたように得意になって吹聴していることなのだ。まるでアキレスが亀を追い抜けないことが現実にあると信じ込んでいる連中と同じようなものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正月にふさわしくない表現 森の散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる