関節リウマチ

関節リウマチで知られる有名人がフランスの画家ルノワール(1841-1919)で、1888年47歳の時に発症したらしい。1905年ころから悪化し車いす生活となったが、その後も医者から禁じられているたばこを大いにたしなみ、「色彩の魔術師」といわれた。手はひどく変形していたが、それほど痛がるそぶりは見せなかったらしい。痛みに耐えることを一種の…
コメント:0

続きを読むread more