テーマ:ひとりごと

健康より大事なもの

ふと「整形サイボーグ」などといわれていたバニラという女性は今どうしているだろうかなどと思った。ネットで検索してみると、ああしたタイプの人の過去は失せられた部分が多いのかと思っていたら、意外と多くのことがわかっているようである。昨年くらいの自演で腕に2億円の費用を整形手術に使ったらしいが、収入減はおおむねすべて美容整形院の広告収入だそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池さんのことだろうか

あの人が都知事になってからほとんど条例らしい条例というのは成立していないらしい。石原さんなんかと比べると遅さが際立ってめだつ。やっていることといえば毎日のように服装を着替えることと、目の周りに黒い淵を描くことくらいで、テレビであの姿を見るだけでいつも不快千万である。であるからオリンピック問題でたびたびあの口だけ女と接している少し頭の古い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生に人気のある菅総理

ウィキペイアによると、菅義偉氏は空手が得意で三段の実力があるそうである(*)が、そんな風には見えない。秋田のイチゴ農家の出身だそうだ。学費が一番安いという理由で、アルバイトをいくつかしながら法政大学を卒業したという。出自が一般的なのが若者の人気を集めている理由の一つなのだろう。法政大学に在学中の学生には特に期待されているようだ。学生の間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「正義中毒」というのが問題らしい。

脳学者の中野信子の発明語のようだが、何か言っていることが私と大分違う。大体白黒はっきりつけようとするために大問題が起こるのならば、物事は総じて曖昧模糊に解釈すべきであって、西洋輸入のオセロみたいな物の見方が見事に誤っているということを示すものなのだろう。江戸古来の日本の見方のどこに間違いがあったかというと、武士階級の観念だけが天下至上だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い部屋

仮に、縦3メートルで横が2メートルくらいの部屋にいるとする。高さは普通並みで2.5メートルとすると、この部屋の体積は12+3=15立方メートルである。空気の代わりに水なら15トンだ。空気は水の1000分の1の密度であるから、水なら15キロの重さになる。3リットルポット5杯分だ。人の体重を60キロとして、全部水だとすると、15キロなんか簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知への遭遇への道

テレビで、女性の乳がんにかかる割合は9人に1人とやっていた。こんなに多いというはずがないと思って色々調べてみるが、どうも本当らしい。ここ30年で4倍に増えたそうで、他のがんとは逆にエストロゲンが原因とされる。40代から増加し、50,60代でピークを迎える。以前は閉経後は減少していたのが、脂肪分の取りすぎで欧米並みに閉経後も減らないのだそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうの意味

ウェブを見歩いていて、ふと「新年明けましておめでとうございます」というのは間違いだという記事が目に留まった。『明けまして』というのは「明るくなって」という意味だろうなどと思って、他もいろいろと覗いてみたが、どれもこれも正月を指す言葉だと決めつけている。なぜ主語を自由に当てはめてはいけないのか、普段は主語をはっきりするように口やかましく言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瞑想ということ

呼吸を整えて心を落ち着かせ、自分自身の内部を磨くのが目的だなどと大いに喧伝されているのだが、果たしてそれだけで終わってしまってよいものだろうか。自分自身の外側は磨かなくてよいものなのだろうか。まあ、自分とは他人も含めて自分なのだろうが、生活上便利だから別人として扱っているだけなのだろう。 そう思ってみると、昔常不軽菩薩などというの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「年収90万円でハッピーライフ」を読んだ

近所に住む小学校時代の友人が常々、「年金だけじゃ絶対暮らせないからな」などといっていたが、最近は「基本的に、月2万5千円あれば暮らせる」と言い出した。月2万5千円ということは、年12ヶ月で30万円となる。残りの出費は大体ほとんど娯楽遊興費だ。人間遊ばなければ生きてゆけない。90万の人は家賃が幾らかが問題で、家賃が月に5万円もかかってはま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カステラが今でも売れる理由

カステラなんかぶどうパンの10倍ぐらいまずいのに、いまだに贈答品の代表みたいなところがあるのはなんでだろうと思う。ぐちゃぐちゃして噛み心地も悪いのに何故あんなもので利益が取れるのだろうか。味覚は人それぞれだから、うまいと感じる人もいるだろうが、ちっっとも旨くない。その辺で売っている八十円の食パンの方が2倍うまい。後味の悪さではワースト十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた麻生大臣の誹謗中傷

いつぞやも同じ様なことを書き連ねたものだが、よくよく非難の的となる人物だ。総理に非難が及ぶのを回避しているといえばいえる。どういう応答があるのかあらかじめわかっていて、わざと発言して、「大衆はバッカじゃなかろか」などと内心思っているに違いない。 なんでもない普通のことを言っても世間のものは暇つぶしにあれこれと詮索する。半年も働き詰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の方が免疫力が強い場合もある

まあ、私は戦後生まれだが、子供の頃はあまり戦前戦中と変わらないか、むしろ貧しい暮らしをしていたものと思う(*)。米などは縁の下の木箱に入れて、ただ無造作に上から蓋をかぶせていただけなので、隙間からいつも埃が入ったし、所々ネズミの糞がこびりついていた。今では汚らしくて、縁の下に食料など置く気になれないだろうが、なぜか子供の頃はそれで平気で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナが弱毒したという話

弱毒化したというより、免疫ができたという方が正しい様にも思う。インフルエンザほどではないが、コロナウイルスも空気中を漂っていることはまず明らかとなったから、まずほとんどのものが毎日数万個単位のコロナウイルスを取り込んでいるものと思う。しかし数万個で発症する確率はほぼゼロ。欧米の様に、寝室まで土足で上がり込み、寝ている間中ウイルス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナはただの風邪だという医者が増えてきた

まだ院長クラスの開業医でしかない。こんなことをブログに書いて、もし医師学会の機嫌を損ねたら大変で、「けしからんから報酬は打ち切り」なんてされて、点数が獲得できなくなったら生活ができなくなってしまう。それでもこういうことを書かなければならないほど怒りがこみ上げてきたのだとすれば、ますますかつて武田邦彦氏がひっきりなしに公表していた話に現実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者の方が高齢者よりも危険であるとみることもできるそうだ

ものは考え方次第である。コロナにかかった場合、高齢者の死亡率は5.2%(50÷957)、若者は0.1%(2÷614)。日本人全体の高齢者死亡率は75歳で3.86%、若者の場合は35歳で0.055%であるから、高齢者のリスクは3.86から5.2へ、若者は0.055から0.1で、高齢者が3割5分しか死亡率が上がっていないのに、若者は8割も上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多数派の過ちについて

今回の騒動で、大衆がいかに盲目であるかがはっきりと目に見える形で現れた。いつでもそうなのだが、多数派に迎合したさも気の利いた意見よりも、一見独りよがりで傲慢に見える独特の意見の方がしばしば正解により近いものである。 私がネット記事でよく見かけるのが、池田信夫氏がアゴラに書いた記事だが、必ずといって良いほど非難の矢面に立たされている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ騒ぎは情報テロかもしれない

コロナ感染者が加速して、累計で1500万人を超えたらしいが、これは毎年の日本国内のインフルエンザ感染者1000万人よりも5割ほど多いだけである。インフルエンザに関しては、日米とも同じような感染率で、アメリカでも毎年3000万人ほどが感染しているという。年によって、季節によって変動が激しいが、そのうち何千人という人が死亡している。1日にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感染者が増えれば致死率も下がるのだが、反応が逆らしい

コロナが流行り出した頃、池田信夫さんが「日本人の70%はもう感染して免疫を持っているから大丈夫」などといっていた。PCR検査を無症状の人にまで行えば、検査ミスで陽性と出てしまう人が続出するから、感染者の数はどんどん増える。一方で死者の数が変わらないとなれば、ぐんぐん致死率は下がる。だから陽性者が増えれば、大概の人は一安心するかと思うと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州の大雨

関東の方ではいくら雨が降っても土石流など起こらない。水捌けが良いのは家康の都市計画の賜物なのだろうか。昔「月影兵庫」というテレビ番組で、鳴門関門海峡を越えて九州に入ったら、「流されて異国に来てしまった」と焼え津の半次が大騒ぎしていたというのがあった。そのくらい本州とは地形も異なり、住民の言葉も違っていたのだろう。 言葉の方は今では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイクニュース

世界史を動かしたフェイクニュース デマと扇動に人類は興奮し翻弄された (KAWADE夢文庫) [ 宮崎 正勝 ] - 楽天ブックス 近頃よく耳にする言葉だ。トランプ大統領の出現ですっかり知れ渡った感がある。トランプ大統領の誕生自体がそんな感じであった。人間の世界でも突然の火山の大噴火のようにあられもない方向に大進化する事があると。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車椅子で乗れるタクシー

最近やけに目につくのが、大型のバンみたいなタクシーだ。昨年の秋頃までは多分全くといっって良いほど見かけなかったが、先週などは3分ほどの間に5台くらいの背の高いタクシーを見かけた。UD(ユニバーサルデザイン)タクシーというらしい。大きいから料金も高いのかというと、一般のタクシー料金と同じだという。障害のある人だけでなく、一般の人でももちろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一ヶ月食費代

確か五千世帯ほどを対象にしたアンケートというのがあって、一ヶ月五千円未満の食費代で済ませている人は0.3%、2万円未満が6.9%ということである。5千円未満と言っても、200せたいくらいに1人は1日一食、普通の分量で、割合は0.5%以下となって、五千円未満の多くは少食なのかということになるが、1日一食で済む人は元々食費代を減らそうなどと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりノウハウだ。

ファシズムの大衆心理(上)新装版 [ ウィルヘルム・ライヒ ] - 楽天ブックス 「貧乏人は年金だけでは暮らせない」で検索していたら、マイクロソフトのニュースサイトにこういうのがあった。「・・・夫は60才から年金を受け取れる世代でしたが、商売を続けていて実入りがあったので、年金の受給開始を70才まで繰り下げたんです。そのため、夫の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹膨れるもの

ウイルスに負けない免疫力を鍛える! 新型コロナウイルスにも負けない! (エイムック) - 楽天ブックス いかにも不思議な印象を受けるのは、毎度語っていることだが、人々はこの時期になれば200倍以上危険となった交通事故にはさして頓着せず、相変わらずコロナウイルスのことばかり懸命に恐れている事だ。要因として考えられることには「慣れ」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パチンコよりジョギングの方が危ない

喧しいし派手な動きがするからいかにも危険地帯のような気がするが、派手に動き回ったいるのは機械だけで。肝心の人間の方は話などしないで黙々と指だけ動かしているだけで、もくもくしているのはタバコの煙だけで、この煙の方はいかにも健康被害だろうが、汗も書かないし飛沫も飛ばさない、動かないので髪の毛からフケも出ないというのにそれほど大きな感染リスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各種確率

この前、火災で自宅が全焼する確率よりも、コロナに感染する確率の方がずっと少ないなどと書いたが、実際は自宅に火災が発生する確率など非常にすくないらしい。日本全国6千万世帯のうちせいぜい1万5千軒(6000軒の二倍か三倍)行けばいい方だという。年に3千分の1以下というレアケースで、個人的な感覚では三千年に1度も遭遇しないというレベルだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経路不明の感染者

「昼の世界のよきもの達が頭を垂れてまどろみ始めると、夜の世界の悪しき者たちが姿を現して悪事を働く」とか何とかそういうのが、シェークスピアにあったと思うが、現代社会になっても、昼と夜は別の生き物だと思っている子供みたいな連中がいるものだ。 どうせ人間の内の6人に1人くらいは何を言っても理解する頭を持たないものであるから、こういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩も公園も駄目だそうだ

一生寝たきりにならない「おしり」の鍛え方 [ 宮田重樹 ] - 楽天ブックス フランス語ではどういったか知らないが、面白い言い方である。どうも向こうでは動詞と名詞を同じ意味合いで用いるようなところがあるらしい。規則にとらわれない欧米人らしいのだが、老人を散歩させないでおくと、自然に体が衰弱してどんどん死期が早まる。国にとっては統計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人命は地球より重い」式の決断

新型肺炎感染爆発と中国の真実 中国五千年の疫病史が物語るパンデミック (一般書) [ 黄文雄 ] - 楽天ブックス 黄文雄という人は確かいい加減なことばかり書いている人だったと思う。 学校閉鎖で困惑する親たちも多い。感染拡大はやむを得なし、咳やクシャミのため陰険ないじめにあう児童の発生もやむなし、という方が、社会の混乱よりは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆けない老人のほうが多いということ

痴呆老人からみた世界 老年期痴呆の精神病理 [ 小沢勲 ] - 楽天ブックス 高齢になればだれでも呆けるという風潮の世の中であるから、他人と同じことをして生きてきた人間は少なからずバカになる。80歳を超えても、いわゆる認知症を患っている老人など2割と少ししかいないそうである。残りの7割強の老人の頭の回転が遅くなるというのは、きっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more